timor's log

Information

This article was written on 29 4月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 四川省, 紅茶 Black Tea.

Current post is tagged

四川公主


北京のお茶屋さんAで購入した2010年の四川公主です。
四川省蒙頂山で生産された川紅(四川紅茶)ですが
伝統的な作り方とは異なる製法で作られているため
川紅ではなく、四川公主という名前を使用しているそうです。
金毫が非常に多いです。
茶葉も1つ1つが小さく、大きさが揃っています。
金毫と茶葉のこげ茶の対比が美しいです。
香りも非常に良く、キャラメルの様な甘い中国紅茶独特の香りが強く感じられます。


鑑定杯使用

香ばしさとキャラメル、華の香りがします。
一般的な川紅にある柑橘系の香りは殆ど感じません。
味は濃厚で深みのある甘みがあり、渋みや雑味は一切感じません。
それでいて若干の酸味があり、味に奥行きと爽やかさが加わります。
水色は鮮やかな赤みがかったオレンジで、透明感があります。
柔らかい感覚の茶水です。


蓋碗使用

落ち着いたオレンジ色の水色です。
香りと甘さ、爽やかさが引き立ちます。

柔らかい綺麗な茶殻です。
芽の部分が非常に多いのが分かります。
芽以外の部分も小さな若葉を使っているのか細かいです。
丁寧に作られているのがわかります。
この四川公主は川紅とはまた違うものの驚く程に香りが良く、甘く、美味しい紅茶で
かなり気に入っている紅茶です。

コメントを残す