timor's log

Information

This article was written on 04 11月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 四川省, 紅茶 Black Tea.

Current post is tagged

四川高山红茶 (四川高山紅茶)


メーカーさんEの北京直営店で購入した四川高山紅茶です。
いわゆる川紅工夫紅茶ですが、
四川省雅安市名山县(県)蒙山の
標高1200m以上という高山地帯で栽培された茶葉を使用しています。

艶の強い黒く縒りのきつい茶葉です。
宝光と言えるような美しい黒い艶があります。
金毫の割合も大目で、黒光りした茶葉との対比が本当に美しいです。
非常に甘く深みのある甘い果花香が強くあります。


鑑定杯使用

透明感のある褐色の水色です。
見事な果花香で、非常に甘く深いキャラメルの様な香りと
食べごろの果物の様な爽やかで甘い香りがあります。
次第に華やかで上品な花の香りに変化していきます。
味は全く雑味がなく非常にソリッド、かつ柔らかい印象です。
分厚い甘みと柔らかな渋味のバランスが良いです。
似た感じの別の川紅と比べても味に深みがあり、分厚く
中国紅茶には多く見られる焙煎香がしないのが特徴的です。
香りの持久力もかなりあります。


蓋碗使用

綺麗な褐色の水色です。
香り、味共に濃厚に甘いです。
果花香も見事で、鑑定杯よりも花の香りが強く感じられるように思います。
味が本当に分厚いので、そのまま頂いて十分に美味しいのですが
濃い目に淹れてミルクティーなどにしてもかなり美味しいです。
これはちょっと凄いかも。
今まで頂いたことのある川紅の中ではダントツに美味しいです。

一芯一~二葉程度で摘み取られているようです。
とはいえ、それなりに成長していると思われるような感じで
この深みのある甘みはそこから来ているのかなと納得するような感じです。
(紅茶や青茶、黒茶は緑茶と違い、本来はある程度成長した葉が求められます)
程よく柔らかく、揉捻で切れた部分はあるものの少なく、綺麗な葉底だと思います。
葉底を確認していてもむせ返るような果花香を感じるのは凄いですね。

コメントを残す