9月 192013
 

塚本快示 青白磁花文皿

塚本快示さんの青白磁花文皿です。

茶道具ではありませんが、茶托として使用しています。
ということでご紹介を。

塚本快示さんは美濃の陶芸家で既に鬼籍に入ってしまわれましたが
白磁・青白磁の人間国宝となられた方です。
日本国内だけでなく、陶磁器の本場である中国でも非常に評価の高い方です。

塚本快示 青白磁花文皿

骨董品として購入したものということもあって
それなりに古いものです。
使い込まれていた形跡があって、
器は基本的に使うものという信念の私としては
その器の歴史も含めていいなぁと思って入手しました。
色々な人の手を経て使い続けられる器っていいですよね。(^^

塚本快示 青白磁花文皿

骨董商の話ではご本人の作とのことですが
そんなことはあまり信用していないので(笑)
何となく快山窯のものかなとも思っているのですが
だとしても現在の快山窯ではなく、ご本人がご存命中の窯の時だと思います。
何となく今の作品と雰囲気が違います。

そのうちお茶会などでお披露目する機会もあるかと思います。
使い込まれた傷も愛嬌として見ていただければと。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 12:25 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)