timor's log

Information

This article was written on 06 2月 2012, and is filled under delicious teas, 日本, 緑茶 Green Tea.

山の伊吹

山の伊吹

茶業研究所の方からいただいた2011年の牧之原茶です。
山の伊吹という品種の茶樹から作られています。

この山の伊吹という品種は「やぶきた」実生茶園から選抜して作られた固定品種で
病気に強く、早生、香気、水色、滋味が良く、カフェイン及びタンニンが少ない特性があるそうです。
研究所の方のお話では、美味しいのでもっと普及しても良いのに、なかなか普及が進まないとのこと。
確かに日本は「やぶきた」が圧倒的ですね・・・

綺麗な深緑の茶葉です。
日本茶らしく細かく切られていますが、それでも艶がかなりあるのが分かります。
キラキラした艶があって非常に美しいです。
香りも良く、そのまま食べても旨みがしっかり感じられます。

山の伊吹
鑑定杯使用

綺麗な黄緑色の水色です。
成分が強いのか、とろっとした茶水で少し濁りがあります。
香りは爽やかで、少し海苔っぽいような、花っぽいような感じ。上品です。
持続性もなかなか良い感じ。
味は旨みが強く、すきっとした好ましい苦味があるものの、渋味は少なく、とても甘いです。
これは美味しい。

山の伊吹
蓋碗使用

日本茶ですが、蓋碗で淹れてしまいました・・・つい、便利なので。<蓋碗が。(^^;

以外にすっきりした感じの味と香りでした。
もっと抽出時間を長くしても良かったかな・・・?
とはいえ、旨みと甘みと爽やかな苦味のバランスが良く、とても美味しい日本茶です。

山の伊吹

本来、日本茶は葉底を見ないのですが、他のお茶との評価方法をあわせています。

くったくたの、これ以上柔らかくなりようがない程に柔らかい茶殻です。
嫩度が高く、芽の部分が多いのが確認できます。
この時点でも良い香りが出続けていて、茶殻を食べても美味しいです。

とても良い日本茶をいただきました。
ありがとうございます。

コメントを残す