timor's log

Information

This article was written on 02 9月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

岩肉桂


武夷山の茶農家さんAから購入した2010年の岩肉桂です。
本来であれば鑑定杯を使用できるようなレベルのものではないのですが
勉強も兼ねて思い切ってやってみたいと思います。(^^;
非常に綺麗な茶葉です。
艶があり結構光っています。
葉の大きさは揃っていて砕けも少なく、全体的に程よく小さめの茶葉の大きさになっています。
黒に近いこげ茶をベースに若干緑がかった部分がちらほら。
砕けも少なく、桃の良い香りがします。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

桃の香りとうっすらと花の香りがあります。
2煎目になると花の香りが目立って華やかな感じに変化します。
透明感の高い褐色の水色です。
味はまさに甘露ってこんな感じ?と思う程に柔らかく深く甘いです。
酸味とのバランスが良く、鑑定杯淹れなのに美味しいです。(勿論濃いですが)
味に底知れぬ厚みがあって、2煎目になると更に厚くなるような
煎持ちが良いというより、旨みが増していくような不思議なお茶です。
これは文句なしに美味しい。


茶壷使用

旨みが前面に出てくるような感じです。
厚みがあって柔らかくて美味しい。
岩茶特有の滋味みたいな甘みがしっかり感じられます。
しみじみ美味しいです。本当に。

適度に柔らかく、というかフワフワで触っていて気持ちが良い葉底です。
しっかり肉厚ですし。
艶もあって大きさも揃っているし、砕けも少なく本当に良い葉底です。
ここ数年で最も美味しい肉桂です。

コメントを残す