timor's log

Information

This article was written on 29 10月 2012, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

岩茶 千里香

岩茶 千里香

メーカーさんIの岩茶、千里香です。
十大岩茶に挙げられる品種の1つで香り高いのが特徴です。
名前の通り、千里先まで香りが届くと例えられる程の香りの良さを持ちます。
この千里香も今年の出来が非常に良く、現地でも絶賛されていました。

黒に近い褐色の茶葉です。
まれに赤褐色の茶葉が差しこんだように見られる程度です。
深みのある艶を持ち、葉は全体的に小さ目で揃っています。
砕けは確認できません。
縒りは結構きつめ。

岩茶 千里香
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

深みのある甘い花香と程よい火の香ばしさで、非常に上品な香りです。
橙褐色の水色で透明度、亮度共に高いです。
岩韻もしっかり感じられ、柔らかな酸味と旨味、甘さのバランスが良く
鑑定杯淹れでも後を引く感じです。

2煎目も続く香りと旨味のバランスがそのまま崩れずにあります。
若干苦みを感じますが、旨味に転化する系統で嫌な感じではありません。
逆にこれが味に複雑さを与えているようです。
名前の由来通りに香りは非常に良く続いています。
回甘が強いのも特徴的です。体の中から香ってくるようです。

岩茶 千里香
蓋碗使用

金色の綺麗な水色です。
流石と納得する程に素晴らしい甘い花の香りを感じます。
味は驚く程に甘味が強く、鑑定杯で感じられた微かな酸味や苦みはそうと感じられず
予想通りに味の奥行を出しています。
これは美味しい。
香りが素晴らしく、飲み終えたあとに体の中から香りを感じます。
煎持ちも良く、面白いことに煎を続ける方が甘さが増してきます。
煎を重ねるごとにどんどん変化していくタイプの岩茶です。

岩茶 千里香

驚く程に柔らかく、綺麗な葉底です。
発酵の度合も程よい感じで、葉の大きさも揃っています。
艶も強く、砕けも少ないです。

コメントを残す