11月 142011
 


北京の行きつけのお店で購入した2011年の特級径山茶です。
浙江省杭州市余杭区径山鎮のものになります。
大きさの揃った縒りのきつい茶葉です。
白毫が多く、嫩度も高いようです。
清清しい緑茶と若干の香ばしい香りがあります。


鑑定杯使用

爽やかな花の香りと豆のような香ばしい穀物の香りがあります。
水色は透明感のある薄い金色。
白毫が浮いているのが分かります。
味は甘く、旨みが非常に強いです。ちょっとしたスープといった感じ。
爽やかな苦味もあり、非常に厚みのある味わいになっています。

蓋碗使用
金色の透明度の高い水色です。
香ばしい豆の香りと花香があります。
かなりの低温(80度位?)でじっくり淹れたので甘みと旨みの塊みたいになりました。
径山茶はすっとした苦味が美味しかったりするので
2煎目は少し高め(85~90度位?)にしたところ
非常に奥行きのある美味しいお茶になりました。
改めて径山茶って美味しいなと確認できるお茶です。美味しい。

「ふっかふか」という言葉を真っ先に連想する程に柔らかい葉底です。
芯の部分が殆どで、嫩度が高いことがわかります。
綺麗な若草色の葉で、大きさも揃っていますし
砕けも少ないです。
気持ちの良い葉底ですね。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)