timor's log

Information

This article was written on 03 8月 2013, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

御茶园 奇兰

御茶园 奇兰

武夷山市茶叶科学研究所(武夷山市茶葉科学研究所)の奇兰(奇蘭)です。
2013年の新茶で、2013年5月20日に仕上げが完了したものです。

小红袍と同じ御茶园(御茶園)で収穫された茶葉を使った岩茶シリーズ(?)で
武夷山市茶叶科学研究所や御茶园については
そちらのエントリに詳細を説明しています。

御茶园 小红袍

甘い香りの強い茶葉です。
葉の大きさは比較的均一で気持ち小さめ、砕けも比較的少ないようです。
黒褐色を基調としたマットな質感です。

量が少ないので鑑定杯は使用していません。

御茶园 奇兰
茶壷使用

薄い褐色の水色です。
透明度、亮度も良く出ています。
とても高い花香が特徴的です。岩茶にしては珍しいほどの香りの高さと勢いです。
火は軽めで、全体的に軽やか。
軽やかな甘いお茶になっていますが、ミネラル感も感じられます。
回甘もあり、フレッシュ感もしっかり残っていて
この時期ならではの新茶らしい岩茶です。

甘さの感じは小红袍と同じ系統のように感じます。
これはこの茶業さんの個性なんでしょうね。
この甘さは万人受けしそうな感じですが、単純な感じでもあるので
割と早く飽きられてしまうような気もします。好みなんですが。(^^;

二煎目からは香りもかなり少なくなってしまい
急激に味わいが浅くなってきてしまうような感じです。
三煎目で底が出始めてしまう状態なので、煎持ちはあまり良いとは言えないですね。

御茶园 奇兰

大きさの揃った葉底です。
それなりにしっかりとした硬さで、肉厚さもほどほど。
弾力もほどほどといった感じで、中庸という印象を持ちました。

コメントを残す