timor's log

Information

This article was written on 31 12月 2012, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 広東省, 青茶 Oolong Tea.

朋友做 凤凰单枞 蜜兰香 (友人作 鳳凰単欉 蜜蘭香)

朋友做 凤凰单枞 蜜兰香 (友人作 鳳凰単欉 蜜蘭香)

これはちょっと異色の鳳凰単欉です。

メーカーさんJの窓口をしてくださっている現地の友人が自分で作った鳳凰単欉とのことです。
まだ若い女性なのですが、いつもとても頑張っていて、今年からは製茶に挑戦したそうです。
その記念すべきお茶をプレゼントにいただきました。どうもありがとう。(^^

蜜蘭香とのことです。
茎茶?と思う位に茎しか見えません・・・(^^;
まれに葉の部分がちらほら。
大きさは揃っていますが(ただし茎ですが)枝状態の部分もあります。

朋友做 凤凰单枞 蜜兰香 (友人作 鳳凰単欉 蜜蘭香)
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

橙色というよりは黄褐色にちかいような水色です。
果香はしっかり出ていますが、過醗酵の香りも出ています・・・
それとメントール香。
最近はわざとこの香りを出す作り手さんもいますが。(^^;
味は清涼感があるものの、青っぽさも出ています。
甘みがあり、若干の渋みや苦味、雑味もありますが、旨みに転化されています。
いただいた時に言われた通り、見た目は悪いけれど意外と美味しいです。(^^

朋友做 凤凰单枞 蜜兰香 (友人作 鳳凰単欉 蜜蘭香)
蓋碗使用

金色の水色です。透明度はそれなりに高いです。
過醗酵の香りが出ていますが、ちゃんと果香もあります。
雑味があるのですが、意外と気にならず面白い感じに。
最初は青っぽさが気になるのですが、しばらくすると気にならなくなります。
鳳凰単欉とは思えないかもしれないけど(ごめんなさい)美味しい。(^^

朋友做 凤凰单枞 蜜兰香 (友人作 鳳凰単欉 蜜蘭香)

茎、ですね。
結構硬いです。特に枝状態の部分がどうしても硬いからですね。
(茶摘から全て自分でやったそうです)
葉の部分などはかなり柔らかいです。
醗酵はムラがあるようで、かなり醗酵が強い部分とそうでもない部分にしっかり分かれています。

見た目は悪いですけど、売り出せば結構といけるんじゃないでしょうか?(^^
しかし、葉は一体どこに消えたのでしょうか?(^^;

友人が一生懸命に作っているのが見えるような
そんなことを想像しながら、つい微笑んでしまうような、素敵なお茶でした。
また来年も頑張って挑戦してみて欲しいです♪


今年は世界各地の友人たちにたくさん助けられた1年でした。
友人からさらに友人が増え、1年前には想像もしていなかったほどに広がりました。
普通にはお会いできないような高名な先生方ともお付き合いさせていただいたり
門外不出の製茶方法を見せていただいたり
良くしていただいたという言葉では足りないほどです。
茶縁。私の場合はそこに酒縁も含めてですが、その凄さを体感する1年でした。

家族が作ったお茶を正直に誠実に広めたいと何時間もかけて試させてくれる各地の茶商さんたち。
無口で強面だけど、真面目にお茶を作り続ける茶業さんや作り手さんたち。
通りかかっただけの言葉もロクに理解しない旅行者に(私のことですが;)
お茶が好きなら飲んでいきなさいと道端で茶席を作ってもてなしてくれたおじいさん。
国家機密にもあたる製茶工場の見学を何とかして実現させてくれようと
各方面に何度も何度も交渉してくれた友人たち。
とっておきの秘蔵のお茶を惜しげもなく出して、
こんな凄いお茶もあるんだよと飲ませてくれる茶人の方々。
大事な作業を止めてまで工房内を隅々まで案内してくださった作家の先生方。

そしてこのブログにアクセスしてくださってメッセージをいただくようになったり
ショップをご利用くださったみなさま。
どうもありがとうございました!

書ききれないほどの感謝がありました。
いただいたモノが大きすぎて、どうお返ししてよいか分からないほどです。
少しずつでもお返ししていけるように、頑張っていきます。

真的非常谢谢!

コメントを残す