11月 072011
 


台湾のお茶屋さんAから購入した2010年冬茶の木柵正欉鉄観音です。
硬く締まった台湾らしい茶葉です。
気持ち小さめに揃った葉で、冬茶といった感じがします。
艶もあり、火入れが強い茶色の色をしています。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

透明感のある褐色の水色です。
清涼感のある香りと弱いけれども甘い桃の香りが素晴らしいです。
微かにバターの様な乳香も感じます。
味は甘く、旨みが強いです。
柔らかい渋味があり、それが味の厚みを出しています。
実に分厚い味です。
2煎目も大きく変化することなく、持久性はありそうです。
清涼感が強くなって、味の安定感が増してくるのが面白いですね。


蓋碗使用

亮度の高い綺麗な水色です。
旨みが強くあり、甘い果実の香りと清涼感のバランスがとても良いです。
煎持ちも非常に良く、長い時間楽しめます。
美味しいです。
杯に残る花香も素晴らしいです。

木柵ですので当然ながら火も強い筈なのですが
え?という位に柔らかい葉底です。
実際に葉底を取り出す際に驚いた程です。
一芯三葉程度で摘み取られているのですが、葉の砕けも殆どなく
肉厚で何よりフカフカ・・・普通では考えられない位ですね。
艶もあり、非常に美しい葉底でした。
製茶技術が高い方が作ったのではないかな?と思います。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 4:50 PM  Tagged with:

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)