12月 142013
 

桂花烏龍茶

タイのメーカーさんAの桂花烏龍茶です。
北部のチェンライで作られたものだそうです。
もとの茶葉は軟枝烏龍種とのこと。

桂花烏龍茶は主に台湾で作られる花茶です。
桂花、金木犀の花の香りを烏龍茶に移したもので
最近は中国福建省で作られたものも流通するようになってきました。

緑のグラデーションが綺麗な茶葉です。
茶葉の大きさは比較的均一、重量感もそこそこあります。
金木犀の花は全て取り除かれているようですが
細かい花なので若干残っています。
台湾のものには飾り用の花を後から追加するものもありますが
このお茶はそのタイプではないようです。

桂花烏龍茶
鑑定杯使用

軟枝烏龍種の花の香りと金木犀の花の香りが
どちらも綺麗に出ています。高さも充分。
持久性も普通か若干劣るというところだと思います。
黄色の透明度の高い水色です。亮度もあります。
味わいは基本的に甘く、微かな収斂味がありますが気になるほどではありません。
ただし、旨みというか滋味、味わいが浅く薄いという印象です。
花茶なので仕方ないのかもしれませんが
(花茶には特別なものでないかぎり上質な茶葉は使いません)
香りの強さに味わいがついていっていない印象を受けます。
もしかしたら雨の日かその翌日位に摘み取ったものかもと思わせる感じがあります。

桂花烏龍茶
蓋碗使用

黄色の綺麗な水色です。透明度も亮度も充分にあります。
高い金木犀の香りと優しい軟枝烏龍の花の香りが良く出ています。
味わいは甘くすっきりという感じ。
やっぱり滋味の薄さが気になります。
バランスがもう少し良ければ・・・

煎持ちは良い方ではありません。
味わって楽しめるのは2煎までかなといった感じ。
淹れ方次第というのもあると思いますが。

桂花烏龍茶

柔らかい綺麗な葉底です。
金木犀の香りがかなり強く出ています。
醗酵は浅めのようですが、部分的にしっかり変色していたりばらばら。
揉捻もしっかり行われている部分とそうではない部分と
このあたりは均一になっていないようです。

桂花烏龍茶というもの自体が実は苦手で
あまりきちんと自分の中でも評価できていないんだろうなと思います。
以前は普通に飲んでいたりしたのですが
一度製造工程を見たことで、うーむとなってしまい数年ぶりでした。(^^;

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 1:04 PM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)