timor's log

Information

This article was written on 30 6月 2013, and is filled under delicious teas, 台中県, 台湾, 青茶 Oolong Tea.

梨山高山老茶

梨山高山老茶

いただきものの梨山高山老茶です。
2003年に作られた10年ものとのこと。
春茶か冬茶かは不明です。

かなり小さい茶葉です。1粒1粒が小粒です。
大きさも比較的揃っています。
濃い深緑の茶葉で、所々に白毫が確認できます。
砕けは確認できません。

梨山高山老茶
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

橙黄色の水色です。亮度、透明度共に高いです。
香りは乳香と花香。少し弱いかなと思います。
持久性もそれほどありません。
丸く柔らかい甘さと梨山らしい旨みがあります。
弱いものの高山気も。
微かな収斂味もありますが、気になるほどではありません。
香りは弱いですが味わいは美味しいです。

梨山高山老茶
蓋碗使用

金色の透明な水色です。
透明度も亮度もかなり高いです。
香りは弱い乳香。微かに花香があるかなという程度。
味わいは非常に甘く、ミネラル感とのバランスが良いです。
煎持ちも良いのですが、香りが弱いのが残念。

梨山高山老茶

大きさも揃っていて綺麗な葉底です。
肉厚ですが、若干硬さを感じます。
小さめの葉で非常に均一なのですが、揉捻が弱いような。
葉の戻りが良すぎる気がします・・・
このあたりが香りの少なさに表れているのかもしれないですね。

とはいえ、最近の肥料に影響されたような味わいは全く無く
香りさえあれば結構良いお茶だったと思います。
ここ数年の高山茶は多かれ少なかれ、やっぱり肥料が影響している味わいが多く
香りが少なくても飲み続けやすいのは10年モノ位の老茶かなぁと思う部分もあります。

コメントを残す