5月 022011
 

北京の行きつけのお店で購入した汤宣武の松趣壶です。
松趣壶という名前の通り、リスの飾りのついた茶壷です。
紫砂泥料は底槽清とのこと。
汤宣武の作品は好みのデザインが多く、まだ私でも手が出せるお値段でもあります。
(流石にご主人である范泽锋の作品は手が出せません。(^^;)
とはいえ、老板に申し訳ない位に値引きしていただいた上
(おそらく、ほぼ利益はなかったのではないかと)
それでも腰が引ける金額だったため2日程悩んで購入しました。

土の感触が気持ちよいです。
硬さも十分ですし、自然な艶が綺麗です。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)