timor's log

Information

This article was written on 06 1月 2014, and is filled under delicious teas, 南投県, 台湾, 青茶 Oolong Tea.

溪頭高山茶 2013春茶

溪頭高山茶 2013春茶

台湾の作り手さんGの溪頭高山茶 2013春茶です。
標高1200m前後の茶畑から作られた高山茶になります。
このロットは4月20日の摘み取りで、品種は軟枝烏龍茶です。

現在主流の高山茶の作り方とはちょっと違う
流行に流されない、少し古い作り方を今も守っている方で
少し落ち着かせた方が美味しいということで
改めて評茶するのがこの時期。(^^

艶やかな茶葉です。
深い緑と茎の金色が美しい色合いになっています。
小さく団揉されていて、大きさも均一。
1粒1粒重量感があります。
爽やかな甘い桜餅の香りがあります。

溪頭高山茶 2013春茶
鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

金色の透明度の高い水色です。
亮度もしっかりあります。
見事な高い桜餅の香り。とても清らかに出ています。
味わいは爽やかな甘さと滋味のような分厚い旨み。
深みがしっかりあるのは落ち着かせた成果かと。
回甘もしっかりあります。
綺麗に高山気が出ています。
美味しいです。(^^

2煎目になっても香り、味わいに殆ど変化は無く
むしろより華やかになってきたような感じです。
煎持ちも香りの持久性も高いです。
そして鑑定杯淹れでも凄く美味しいというのが凄いです。

溪頭高山茶 2013春茶
蓋碗使用

高山気を楽しみたくてサラリと淹れてみました。
金色の水色で本当に美しいです。
綺麗な品のある高山気と見事な花香です。
味わいも甘くて爽やか。まさに桜餅。

とても素直なお茶なので、淹れ方を変えると面白い位に表情が変わります。
じっくり抽出するとどっしりとした旨みと甘さを持つ感じに。
湯の注ぎ方を変えてもその通りに入ります。
すごく楽しめます。(^^

溪頭高山茶 2013春茶

ふかふかの葉底です。
柔らかさと弾力はかなり凄いです。
葉はちぎれも殆ど無く、そのままの形に戻っています。
肉厚でムチっとした葉でありながら、この柔らかさは不思議です。
まるで煮込んだ様な感じ。
大きさもほぼ均一。技術の高さが分かります。

コメントを残す