9月 172011
 


北京のお茶屋さんAからいただいた2005年の白牡丹です。
餅茶だったものを崩したものをいただきました。
白茶は黒茶と同様にエイジングによる熟成があります。
そのため、急いで飲まなくても大丈夫なお茶で何年も保存が可能です。
だからなのか、餅茶の形状も作られたりします。
といっても紅茶や青茶でも餅茶が作られることがありますけど・・・
あまり白茶自体に手が伸びないこともあって、餅茶の白茶自体をいただくのは初めてです。
熟成されたからなのか思ったより黒っぽい茶葉です。
白毫も見えますが全体的にこげ茶。
緊圧加工で発生したのでしょうか?艶がある部分も。餅面かな?


鑑定杯使用

透明感のあるオレンジ色の水色です。
香りは白牡丹によくある青臭さはなく甘い香りです。
陳香は若干あります。しかし気になる程ではなく深みみたいな感じです。
味は甘く厚みがあります。
非常に柔らかく丸いのはエイジングのせいでしょうか?
新茶より飲みやすいです。


蓋碗使用

透明な黄金色の水色です。
花香を感じます。甘い香りですね。
甘くて丸い味で飲みやすいです。美味しいですね。
これならエイジングしようかなって気になるかも。美味しい。

意外と硬いです。
見た感じでは芽は結構少なく、殆どが葉の一般的な白牡丹のバランスのようです。
砕け具合は餅茶にした分、細かめといった感じでしょうか?

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)