9月 122011
 


北京のお茶屋さんAからいただいた2011年の白牡丹です。
政和か福鼎か不明ですが、見た感じの白毫から福鼎っぽい気がします。
白牡丹にしては芽が多く、半分以上は芽ではないかと思います。
葉の部分も小さめの葉が多いです。
甘く爽やかな香りがします。
全体的に白毫の白とモスグリーンの色で茶色部分は少なめです。


鑑定杯使用

透明感の高い薄い褐色の水色です。
香りは青っぽさを残した甘い感じ。
意外と味の方は甘みは控えめ。青臭さが若干あります。
苦味を感じます。後から弱い渋味も感じます。


蓋碗使用

透明感のある薄い金色の水色で、甘い香りがします。
甘くて少しだけ渋味もあってしみじみ美味しいです。
白茶特有の薄甘い紅茶のようなバランスがいいですね。

柔らかい肉厚な葉底です。
やっぱり芽が結構多いですね。
意外と発酵が進んでいるようです。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)