timor's log

Information

This article was written on 14 10月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

矮脚烏龍

国内の中国茶専門店Bでいただいた矮脚烏龍です。
矮脚乌龙(矮脚烏龍)は岩茶の品種の1つで
その名の通りに(足が小さい?)小さい茶樹品種だそうです。
写真を見たことがあるのですが
潅木型かぁというのにはあまりにも小さく
え?という位に小さかったような記憶があります。
茶摘大変そう・・・腰が・・・といった位。
台湾での有名な品種、青心烏龍の元となった品種とも言われています。

今回も鑑定杯は使用しません。

火入れはそれなりにしっかりしていそうな感じの濃い褐色の茶葉です。
大きさも揃っていますし、砕けも少ないです。
自然な艶があって美しい茶葉です。
爽やかな花の香りがあります。期待大。


茶壷使用

濃いめのオレンジ色をした茶水です。
透明度はかなり高いです。
甘い花の香りと火の香ばしい香りが非常に良いですね。
この作り手さん、火の使い方が上手いんだなぁとしみじみ。
弱すぎず強すぎず、まさに中火。いい感じです。
味はさっぱり目ではあるものの、しっかりと甘く、旨みも強いです。
うっかりしていると気がつかないような微かな酸味があって
これが上品さと味の奥行きをかなり高めているような感じがします。
美味しい。
香りも時間と共に濃厚な甘い蜜のように変化します。

柔らかい部分もあるので場所にもよりますが
火入れがそれなりにしっかりした系の硬さを持っています。
ちょっと葉の厚みとか、その硬さも含めて一定はしていないのですが
全体的にはバランスが取れてる感のある比率だったりします。
悪い印象はなく、むしろまとまっているし綺麗。

コメントを残す