10月 092011
 


国内のお茶専門店Cで購入した石古坪単叢の蜜蘭香です。
一般的には石古坪乌龙(石古坪烏龍)と呼ばれることが多いです。
石古坪烏龍は潮州市潮安県の大質山で取れた茶葉を
少数民族の畲族(シェ族)が居住地の鳳凰鎮石古坪村で作るお茶です。
細葉と大葉に分けられますが
細葉は上記の通りに大質山産出の茶葉を石古坪村で製茶したもの。
大葉はその細葉の品種を固定化し、別の場所で栽培、製茶したものだそうです。
どちらも基本的に単欉なので1つの茶樹で完結して作るのは同じです。
石古坪烏龍には独特の山韻があります。
また、特徴として耐杯(杯を重ねても香り、味が消えない)
1年以上貯蔵しても味や香りが変わらないなどとも言われています。
縒りのきつい茶葉です。
全体的に色が濃い、火入れがしっかりしたタイプのようです。
大きさは揃っていますし、砕けもあまり見られず、艶があります。
うっすら甘い香りがあります。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

オレンジ色の透明感のある水色です。
少しバターっぽい香ばしく、弱い乳香のような香りと花の甘い香りがあります。
上品な香りでいいですね。
烏崠山とは明らかに違う苦味と濃厚な甘み、味の深みがあります。
煎持ちも良さそうです。


茶壷使用

黄金色の綺麗な水色です。
実に甘くて深くて旨みが強いです。美味しい・・・
火入れの加減も丁度良く、回甘が凄いです。戻ってきますね。
これは美味しい。

柔らかくてクタクタの綺麗な葉底ですね。
葉が結構薄いですが、これも石古坪ならでは。
艶もあり、まさに叶底嫩绿、叶边呈一线红。
とても美味しい石古坪烏龍でした。(^^

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)