timor's log

Information

This article was written on 23 4月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 安徽省, 紅茶 Black Tea.

Current post is tagged

祁門 特級


北京のお茶屋さんAで購入した2010年の祁門です。
特級とのこと。
乾燥茶葉の状態で軽い燻香がします。
茶葉が一般的な良く見かける祁門に比べると大きいです。
殆ど揉切していないのか、自然な形での縒りが見られます。
宝光はしっかりあり、金毫がかなり多く含まれています。


鑑定杯使用

金毫が多かったからか、落ち着いた感じの濃いオレンジ色の水色です。
香りは弱い燻香と祁門香があります。
ちょっと祁門香が弱い感じがします。
このあたりは好みかと思いますが、燻香が結構目立っている感じがします。
味の方は渋みや雑味が殆ど無く、さっぱりとしたクリアな感じです。
甘みは少なめで、ほんの少しですが微かに酸味も感じられます。


蓋碗使用

落ち着いたオレンジ色の水色です。
柔らかい茶水で癖も少なく、飲みやすい紅茶だと思います。
微かな祁門香と、割とはっきりとした燻香を感じます。
渋みや雑味などは殆ど感じられません。

殆どが芽で構成されているのが分かります。
一部に揉切されている茶葉もありますが、大きさは芽と同様に揃えられています。
柔らかさは普通の感じです。
非常に癖がない祁門と思いました。
あまり中国紅茶を飲んだことの無い人などに受け入れられやすい
渋みや雑味が殆ど無い良い紅茶と思います。
個人的にはもっと祁門香と甘みが欲しかったですが
このあたりは好みの差かなと思います。

コメントを残す