8月 062012
 

蒙顶甘露 2012/3/21 2回目

茶農家さんBの3月21日摘みの蒙顶甘露(蒙頂甘露)です。

揉捻機などを使用した一般的な製茶でもそうですが、製造直後は火が残っていると言われます。
この火が抜けてくる(=熟成が進む)と更に香りも味も良くなり
新茶信奉の日本とは少し違う感覚ですが
現地では新茶も楽しむけど本番は火が抜けてからという感じです。

このお茶は製造に一切機械を使用していないお茶のため
機械を使ったものよりも火が抜けるのに時間がかかる傾向があります。
それと火が抜けたときの変化が大きいというか劇的に変わることが多いので
4月にもアップしましたが、また改めて経過観察を。

色の変化は確認できませんが、香りはかなり変化しています。
青っぽさは完全に感じられず、見事に蘭香が華やかに強く感じられます。
いい香りです。

蒙顶甘露 2012/3/21 2回目
鑑定杯使用

前回とは打って変わった濃い目の黄色の水色です。
#一瞬、鑑定方法間違えたかと思いました・・・(^^;
透明度はかなり強く、前回とは比べものにならない程に透き通っています。
香りは豆っぽさと甘い花の香りがかなり強くでてきました。
味は丸く柔らかい甘さと渋味のバランスが抜群で、旨味も強く感じます。
前回から随分変化しています。
甘味と旨味が圧倒的に強くなっています。凄いなぁ。

蒙顶甘露 2012/3/21 2回目
蓋碗使用

薄い金色の水色です。
淹れている時からたちこめる様な花の香りがあります。
豆香と花香が良く出ています。
味は爽やかな甘さと旨味が強く、渋味は感じません。
かなり丸くなってきましたが、まだ熟成しそうな感じですね。

蒙顶甘露 2012/3/21 2回目

冷えているにも関わらず、葉底から花の香りが立ち上っています。
柔らかさや色、形は前回同様変化なしですが
香りが格段に強くなりました。
葉底を少し食べてみましたが、旨味も増えているようです。
前回よりも美味しいです。

また定期的に確認したいと思います。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Posted by at 11:49 AM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)