timor's log

Information

This article was written on 15 5月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

观音王(観音王)


北京のお茶屋さんCから試してみてといただいた2010年の鉄観音です。
秋茶で商品名は观音王(観音王)との説明でした。
(また良くありそうな名前だなぁ・・・)
産地は福建省の安溪県とまでしか聞いていません。
大陸の鉄観音に良くある青々とした茶葉です。
もっと明るい緑のものも多いですが、これはそれらに比べたら落ち着いた色をしています。
包揉は緩めです。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

濃い、蛍光っぽい黄色の水色です。
1煎目は青々とした花の香りと蜜香が強いです。焙煎香は感じません。
味は平坦な甘みと、ちょっとイガラっぽいような雑味を感じてしまいます。うーん。
2煎目は驚くことに香りも味も殆ど無くなってしまいました。
ほぼ無味無臭です・・・(^^;


茶壷使用

青さがかなり目立つ香りと味です。
良くある現在の大陸で主流の鉄観音の系統ですが味が平坦ですね。
煎数もあまり伸びず・・・

わさっとした感触の葉底です。
結構茶葉が硬いです。
それと葉の大きさがそれぞれ違います。
かなり小さな葉もあれば、ちょっとびっくりする位に大きい茶葉とかも。
頂き物なので仕方ありませんが、何とも微妙な鉄観音でした。
勉強になったので良かったと思うことにします。(^^ヾ

コメントを残す