timor's log

Information

This article was written on 04 5月 2013, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 紅茶 Black Tea, 雲南省.

金絲滇紅

台湾の茶商さんAからいただいた金絲滇紅です。
何故に台湾の茶商さんが雲南紅茶を下さったのかは分かりません・・・
そこにあったから?(^^;

金毫で殆どが占められている金色の茶葉です。
大きさはかなり小さめで揃っています。
殆ど芽のみで構成されているようで、嫩度は高いです。
芽の1つ1つがかなり太く、等級はかなり高そう。
爽やかな甘い香りがあります。


鑑定杯使用

見事な花果香です。どちらかというと蘭香が強い感じ。
高く持久性も良いです。
褐色の水色で透明度も亮度も非常に高いです。
非常に強く深みのある甘さと柔らかい微かな渋み、少し強さを感じる酸味
柔らかい苦味があります。
旨みが分厚く、濃厚な美味しさです。
何となく粉っぽいような感覚がありますが、金毫が多いから?(^^;


蓋碗使用

透明で亮度の高い褐色の水色です。
華やかな花果香で高さも充分。
味は深みのある濃厚な甘さがあります。
少し癖が感じられるのは金毫の甘さに拠っているからと思います。
微かな酸味や渋みはそうとは感じられず、深みとなっている感覚で
かなり上質な滇紅というのが分かります。
煎持ちも良く、かなり長く香りも味も楽しめました。

殆ど一芯一葉か芯のみの葉底です。
嫩度が高いのはもちろん、ふっくらとした芽で構成されています。
大きさも揃っていて、醗酵も充分。
良いお茶ですね。

とても上質な滇紅なのですが、以前に散々飲んでいたせいか
この手の金毫の甘さって結構飽きるように思います。
確かに滇紅って美味しいですし、香りも良いのですが
分かりやすすぎて、飽きるのも早いような・・・
飲み続けるのはまた別という感じですかね?(^^;

コメントを残す