timor's log

Information

This article was written on 13 6月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 福建省, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

雀舌


メーカーさんBで購入した雀舌という岩茶です。
おそらく2010年のものだと思います。
雀舌というと色々なタイプのものがありますが、これはたぶん黒鶏冠とも呼ばれている岩茶と同じ品種でいいのではないかと思います。

元々は別の場所にあった茶樹を武夷山に移植した品種で
潅木型の小葉種です。
確かに茶葉が小さいです。
緑がかった部分から茶色、黒に近い色まで混ざっています。
あまり焙煎は強くなさそうです。
岩茶らしくない華やかな香りがします。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

黄金色の明るい水色です。
ちょっと驚いたのですが、岩茶らしくない
どちらかというと広東青茶のような華やかな香りがします。
見事な花果香です・・・
焙煎香は殆ど感じません。
本当に微かですが膠っぽい香りもあります。
味は柔らかい酸味があります。といっても水仙ほどの酸味ではありません。
それと甘み。深みのある回甘が強くあります。
ほんの微かに苦味があり、味に奥行きを出しています。


茶壷使用

薄い若干赤みがかった黄色の水色です。
香りはかなり落ち着いてきますが、広東青茶ほどではないにしても
岩茶にしては非常に華やかな女性らしいお茶だと感じます。
回甘もしっかりあります。

発酵の度合いがしっかり分かれている葉底です。
全体的に茶色の葉もあれば、青々とした葉もあったりします。
雀舌の特徴なのか、全体的に小さめの葉で、縁が非常に尖っています。
鮮葉だったら手が切れそうな感じ。(^^;
柔らかく艶のある葉底です。

コメントを残す