timor's log

Information

This article was written on 07 9月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 四川省, 黒茶 Dark Tea.

Current post is tagged

雅细和谐(雅細和階)


四川省雅安茶厂の事務所へお伺いして譲っていただいた雅细和谐(雅細和階)です。
こちらも藏茶になります。
2010年9月22日に製造されたものですが
藏茶なのでこの製造日の時点で5年以上は経過しています。
何だかタバコの様なパッケージですが
この藏茶こそがお値段だけで言えば最高級品です。
まさにそんな感じの過剰包装ですね・・・(^^;
藏茶は本来は煮茶法といって煮だして飲むのが最も美味しいとされています。
煮出さなくても構わないのですが、普通に泡茶法(通常の飲み方)でいただく場合は
普通のお茶よりも遥かに抽出時間を長くする必要があります。
ある意味、出すぎることのないお茶でもあります。
そんな藏茶を普通の泡茶法でも楽に抽出できるように加工した製品がこの雅細和階です。
加工といっても最後に焙煎しただけみたいですけど
泡茶法でも煮茶法で抽出した時と同じ味になるんだとか。

タバコのカートンの様な箱の中に更に小箱が4つ入っています・・・
外箱同様に煌びやかです。

中には1回分8gずつ個別包装された状態のお茶が6個あります。
相当に高級品なのか中国にしては非常にしっかりしたパッケージです。
箱毎に封印もされていますし・・・

少し細かい感じの黒い茶葉です。
艶があります。
香ばしい麦茶のような香りがあります。
茶厂事務所の所長が言うには岩茶みたいなんだとか。
いい香りだけど、そうかなぁ・・・?(^^;


鑑定杯使用

透明な明るい褐色の水色です。
香りはまさに上質の麦茶・・・香ばしい香りがします。それと花の香り。
味は非常に柔らかく甘いです。美味しいです。
雑味は一切無く、非常にクリアな味ですね。
美味しい上質な麦茶かほうじ茶みたい。岩茶ではないなぁ。(笑


蓋碗使用

ちょっと長めに抽出してみましたが
そこはやっぱり藏茶なのか出すぎることは滅多にないですね。
香ばしくて甘くて美味しいです。
しかし黙っていればほうじ茶と間違えそうです。
が、全く苦味や渋み、雑味がない部分が決定的に違います。
甘く花の香りがする部分も違いますね・・・実に美味しいです。

葉底は結構大きめで固め。
金尖を加工したのではなく、康砖の方を加工したのだと思いますが、どうでしょう?
茎なども結構入っていて甘みも納得といった感じの葉底です。
相当火入れが強かったのか全体的にかなり黒いです。
硬いのも火入れの効果とも考えられそうですね。
非常に日本人好みの味、香りだと思います。
上質なほうじ茶に非常に近いです。
お値段的にほうじ茶の方がCP良いですが
一応黒茶ですから発酵食品としての機能もある訳で・・・
減脂、降血脂・糖・圧、動脈硬化、解毒、消化器系疾患、睡眠障害etc
どちらが良いか悩みます。(^-^;;;
実際、かなり美味しいので・・・

コメントを残す