4月 282011
 


ネットショップAで購入した2010年春茶の鳳凰単欉です。
広東省烏崠山産の玉蘭香とのこと。
全体的にこげ茶色の茶葉です。
鳳凰単欉にしては結構縒りが緩めな印象があります。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

水色は赤みのあるオレンジ色です。
1煎目は花の香りと果物の香りと丁度同じくらいの強さで感じます。
また、蜜の香りもしっかり感じられますが
全体的に香りは強すぎず弱すぎず十分といった感じ。
玉蘭というのはハクモクレンのことだと思いますが、こんな感じの香りなのでしょうか?
苦味はしっかりあります。甘みと渋みと苦味が丁度良いバランスです。
2煎目は花の香りが強くなってきます。
苦味が弱くなる分、甘みが強くなってきます。


蓋碗使用

薄い、極めて黄色に近いオレンジ色の水色です。
苦味が甘みに変化しているのか、香りと合わせて花の蜜をいただいているような感じです。

結構緑がかった茶殻です。
非常に茶葉が柔らかく、葉も綺麗な状態です。

※このブログのお茶の感想については こちら

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)