timor's log

Information

This article was written on 05 10月 2011, and is filled under delicious teas, 中華人民共和国, 広東省, 青茶 Oolong Tea.

Current post is tagged

鳳凰單欉 黄枝香


国内の中国茶専門店Aで購入した鳳凰單欉 黄枝香です。
黄枝香というのは本来「黄栀(梔)香」であったそうです。
枝じゃなくて梔子(くちなし)だったとか。
栀[zhi1]も枝[zhi1]も発音が同じことから画数の少ない枝になったとか。

割としっかり火入れされているようで、全体的に濃いこげ茶の茶葉ですが
全体的にうっすらと白っぽい感じの色です。
どうも白っぽさは白毫みたいですね。
大きさは比較的揃っていますが、若干の砕けがあります。
甘い香りがあり、艶のある茶葉です。


鑑定杯使用(左:1煎目 右:2煎目)

褐色の透明感のある水色です。
甘い独特の花の香りがあります。
梔蘭香に似ていますがもっと落ち着いた感じで、若干乳香っぽさがあります。
筋の通った高い苦味があります。
甘みもありますが結構控えめというかさっぱり。
全体的に爽やかな軽い感じになっています。


蓋碗使用

厚みのある奥行きのある味です。
苦味が通ってて爽やか。甘みも旨みもしっかりあり
確かに梔子を連想させる花の香りがしっかりあります。
大人の味といった感じ。

柔らかい綺麗な葉底です。
若干砕けてしまっている部分もありますが
全体的には綺麗な艶のある柔らかい茶葉です。
結構、煮物野菜の様にクタクタになっていて良い感じです。

コメントを残す