timor's log

Information

This article was written on 03 5月 2013, and is filled under Taiwan, Travel, 台中2012.

陳老師の工房訪問

陳文濱老師の工房

台湾3日目はお茶の縁とお酒の縁がMAX状態の日でした・・・
この日はシャレにならないような凄い方のアテンドを受けることとなり
ホテルまでお迎えが・・・
この日を境にホテルの待遇が変わった気がします。(^^;
日本で言ったら麻生さんと石破さんにアテンドしてもらったみたいな状態かと。
そんな方がホテルへ迎えにきてくださったので周囲は何で?あの日本人なに?状態でした・・・
しがない弱小お茶屋ですみません状態・・・

まずは陳文濱老師の工房を訪問させていただきました。
鈴茶堂ブログアップしていますが、こちらでも少し。

陳文濱老師の工房は台中港に近い所にあります。
海の香りがほんのりとする、明るくて気持ちのよい路地の奥にありました。

陳文濱老師の工房

出迎えてくださった陳文濱老師はとても優しげな雰囲気の方で、とてもお若く見えます。
また、ニコニコととてもフレンドリーに接してくださいます。
そんな感じの方なので、暫くの間、陳文濱老師は別の方で
この方は案内してくださるお弟子さんだと思っていました・・・すみません。

お茶好きという陳老師自らお茶を淹れてくださり、
色々なお話もお伺いさせていただきました。
工房の裏の方にある窯まで見せていただいたりと結構ご迷惑をおかけしたような。(^^;

お茶好きということだけあって、自ら作られたという蓋碗は
少し変わった形をしていて使いやすいように工夫されていました。
ちょっと欲しいと思ったのですが、気軽に欲しいと言えるお値段でもなし・・・orz
それでも青い釉薬の綺麗な茶壷を1ついただいてきました。

作業中にお伺いしたのにも関わらず、本当に良くしていただきました。
ありがとうございます。
本当に陳文濱老師は優しくて気さくな方でした。
この後に一緒に食事をした際にも色々と気遣っていただいたり
優しい作風は老師の人柄が表れているんだなと思います。

コメントを残す