timor's log

Information

This article was written on 20 5月 2012, and is filled under China, Travel, 成都・雅安2012.

人民公园と鹤鸣茶社

人民公园と鹤鸣茶社

天府广场(天府広場)から10分ほど歩くと人民公园(人民公園)があります。

ここに来た目的は100年の歴史を持つという鹤鸣茶社(鶴鳴茶社)という茶座でお茶を飲むこと。
中国茶の恩師に成都は茶座がお勧めですよと聞いていたので
文珠院の茶座が閉鎖されていたとあればこちらに・・・

人民公园と鹤鸣茶社

鹤鸣茶社については鈴茶堂のブログでアップしていますが
本当に成都の人が羨ましくなるほどに気持ちのよいスペースでした。

他の茶座でも同様ですが、一体いつお仕事されているので?と思うほどに
お茶を飲みながらトランプしているわ、昼寝しているわ、読書しているわ・・・
仕事しなくてもお茶飲んでブラブラとしていられるのはどうして?と思うほどに沢山の人がいます。
お年寄りだけじゃないというのがまた不思議で。
羨ましいです。

人民公园と鹤鸣茶社

人民公園自体は結構な広さがあり、全部じっくり回ったら半日はかかりそうな感じでした。
(そこまでじゃないかも・・・ですが)
この頃、まだ日本では寒さが続いていて雪もちらつくほどでしたが
こちらは完全に春になっていて、色々な花が咲いていて綺麗でした。
桜の花もちらほらあって、一足早くお花見していました。

コメントを残す