再度 保定へ

保定

寝台列車で北京へ戻ったと思いきや、北京西駅に到着するやいなや
お迎えに来てくれた兄2号と北京在住の友人と合流。
そのまま保定市に向かいました。
今思うと何という行動力。(^^;

保定では兄2号のお宅を訪問、その後は以前にも来た神汤阁
兄1号2号の幼なじみのみなさんと宴会。
今回は私だけではなく、日本から来た姐さん、北京在住の友人も一緒という
大人数だったにも関わらず、変わらず大歓迎していただきました。
ありがとうございます。

保定

相変わらず、ろくな中国語も話せないにも関わらず
こうして中国各地で友達を増やしては
(そう考えると友人になるのは最低限の意思疎通でいいんだなと実感)
更にねずみ算式で増やしていくというのも
我ながら珍しい日本人だとも思うのですが(^^;
親友は家族同然であり、親友の親友もまた同じという
中国ならではの感覚のおかげに依る部分が大きいと思います。
これって結構大変なことも多いのですが
(こちらも親友とその友人には最大限に色々するので)
本当に有難いですし、素敵な考え方だなと思います。
そうなるに至った歴史的、文化的背景はひとまず置いておいて
異国の地でも各地でこうして、友人も含めて良くしていただけるのは
嬉しいということを通り越して、安心できます。
これも基本になっている兄1号2号のおかげです。感謝。

保定

相変わらずのご馳走です。(^^
こちらは野生のスッポンを使った火鍋のお店。
身体に優しいスープが絶品です。

みなさん、仕事が忙しいにも関わらず駆けつけてくださって
あんまり(というか殆ど)中国語を話せないにも関わらず
飲みながらは何故か盛り上がるという
酒飲みならではの状態になっていました。(^^

しかし、この時の私はかなりな発熱状態にだったんですね。
というのも武夷山は既に暑くて、登山状態でもあったため
汗を結構かいたのですが、どうもそれが冷えたのか
寝台列車の中で既に風邪気味な状態に・・・(^^;
その上、こうして白酒だの、何故か日本酒だの(以前に私が持ち込んでいたもの)
かなりな酒量で記憶が途中で消えました・・・orz
身体に良いスッポン鍋とお酒で治そうとしたという話もありますが・・・(笑
他の皆さんの話だと、随分楽しそうだったらしいです。(^^;;;

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com