timor's log

Information

This article was written on 18 5月 2009, and is filled under China, Travel, 杭州2009.

叫化童鸡

叫化童鸡

樓外樓は前回、とても美味しくて大満足だったレストランです。
今回も楽しみにしていました。

日本のガイドブックには「窓際の席は要予約」と書かれていますが
実際には個人の予約は受け付けていない様です。
団体さんは予約可能ですが、予約制ではないとの事でした。

2年ぶりに訪れましたが、何だか様子が違います・・・
一般のお客さんが減って、団体客ばっかり目立ちます。(しかも結構な比率で日本人)
以前は30分以上は待たされたのに、この日は待ち時間無しで2階の西湖の見える席へ。
(しかもオープンテラス状態)
周囲を見渡すと、何だか客層も変わっていました。

前回、オーダーし損ねた叫化童鸡を。

・・・あんまり美味しくないです・・・orz
冷凍肉の臭いが強いですよ・・・

そして、写真でも分かるでしょうか?
蓮の葉の外側は泥とかではなくラップです。
どうみてもラップ。
蒸し焼きにラップっていいんでしょうか?(^^;
(オーブンOKラップには思えないんですよね〜・・・)

悪いものが溶け出してそうなのもあって、殆ど口にできませんでした。(哀
#どうせ美味しくないのなら、せめて泥で包んであった湖滨28でオーダーすべきだったか;
#いや、そしたらお会計はいくらになったのか・・・?(^^;

他にも東坡扣肉とか蠣油生菜花彫醉雞などもオーダーしましたが
どれも著しく質が低下していました。
スタッフの数も減っている様で、不景気ってこういう事?と、
あまり食べずに出てきてしまいました。

今回の杭州では高級レストランは全滅という感じでした。
食材は結構な勢いで冷凍してますみたいな感じで。
不景気で・・・なんて言葉はタクシーの運転手さんから聞いていましたが
こういう事なのかもしれないですね。
庶民的なレストランはどれももの凄く美味しかっただけに妙に納得してしまいました。

コメントを残す