timor's log

Information

This article was written on 16 12月 2012, and is filled under China, Travel, 上海2012.

大可堂 普洱会所

大可堂 普洱会所

天山茶城で夫も合流した後は大可堂 普洱会所へ。

こちらも鈴茶堂ブログの方にアップしていますが改めて。

大可堂 普洱会所
上海市徐汇区襄阳南路388弄25号(近永嘉路)
021-64676577 64675077

素敵な洋館の茶館です。
ビジネス利用がメインの茶館と思われますが(個室が多いし価格帯も上なので)
フロアの席も多く、気軽に立ち寄れる茶館としても使いやすくなっています。

1208shanghai011

素晴らしいのは茶譜。垂涎ものの普洱茶が揃っています。
何だか血圧が上がりそうな位に素敵なラインナップでした。(笑

ただ、これは!と思う普洱茶は恐ろしい価格だったり
(仕方ないのですが、揃えているだけでも凄いし)
今は終わってしまったという普洱茶も多く、オーダー担当の私もちょっと悩む羽目に。
ということで1990年台初頭の中茶牌8653鉄餅に。
お手頃なお値段で保存状態さえ問題なければ美味しいはずということで。

1208shanghai012

お茶はスタッフの女性がフロアの端にあるスペースで淹れてきてくれます。
多分、茶車じゃないかなと思うのですが、はっきり見えなかったので・・・
こういった茶館では目の前で淹れてくれるのですが
ここでは淹れた後に茶海にお茶を入れてもってきてくれます。
目の前で茶藝が見られないのはちょっと残念ですね。
色々な方の茶藝は見ていて勉強になるので見たかったのですが・・・
(一応、私も茶藝師なので;)

鉄餅はとっても美味しかったです。久しぶりに美味しい普洱茶をいただいたなと感動する程。
これで500元(約6700円)って正直安いと思います。
ただし1人でも同じお値段なので最低3人は同志が欲しいですね。(^^;

ここで雰囲気に満足して価格が抑えられた最近の普洱茶をオーダーしてしまう方も多いようですが
本当に勿体無いと思います・・・
あと10年もしたら出会えるかどうかも分からないような貴重な普洱茶が
ポット単位で楽しめるってなかなかありません。
価格だけみたら高そうですが(まぁ安くはないのですが)液量は1リットル以上余裕でいけます。
是非人数を集めて普洱茶の本当の美味しさを体験していただきたいなと思います。
本当。

一番お気に入りの茶館は北京の碧露轩茶艺馆ですが
ここもかなり気に入りました。
碧露轩茶艺馆は茶藝の美しさと国际俱乐部店の店長さんがお気に入りなのですが
(非常にデキる女性で気持ちが良いです)
ここは茶譜と雰囲気がいいですね。
上海に来る際にはまた再訪したいと思います。

そんな感じでダラダラ、ニコニコとしていたところに
高級評茶員講座でお世話になった老師が合流。
老師はあんなハードなスケジュールの翌日だというのに
しっかり仕事をこなしていたとのこと。凄いです・・・
みんなで夕食を食べに移動します。

コメントを残す