timor's log

Information

This article was written on 05 10月 2011, and is filled under China, Travel, 北京2011.

悦宾饭馆 (悦賓飯館)

悦宾饭馆 (悦賓飯館)

昼間はまずはお世話になっているお茶屋さんの老板にご挨拶。
そのまま(いつものことだけど)老板と試飲大会だの何だので市場が閉まるまで。
夕食は劉さんにお願いして悦宾饭馆 (悦賓飯館)に行ってきました。

悦宾饭馆 (悦賓飯館)
北京市东城区翠花胡同43号(中国美术馆正门对面)
010-85117853

この悦宾饭馆は改革開放路線を取った中国共産党政府下で初めて開業した個人経営食堂です。
1980年10月の開業とか。
結構北京っ子には有名なようで(当然か;)行きたいと劉さんにお願いしたら
一昨日友達と行ったとのこと。(^^;
更には何でそのお店を知っているのか?とか
綺麗なお店じゃないけど大丈夫か?とか暫く質問責めでした。
そんなにマニアックなお店だったんですか?(笑

確かに一般旅行者受けはしないであろう、見事な細い胡同の中にあります。
知らなかったらちょっと入り込もうと思わない胡同かも;
お店自体も質素な感じですし、中に入っても質素です。(笑
しかしながらほぼ満席。人気あるんですね。
丁度空いた席を確保できてラッキーでした。

悦宾饭馆 (悦賓飯館)
炒土豆絲

大好物の炒土豆絲。ジャガイモの黒酢炒めです。
シンプルで美味しいんですが、ここのも美味しいですね〜

悦宾饭馆 (悦賓飯館)
五丝桶

これがかなりの絶品。
セロリやネギ、生姜などの野菜と鶏肉、豚肉を薄焼き卵で包んだものです。
セロリが香り高く、味付けも絶妙に美味しい。
これだけでも十分おいしいのですが

悦宾饭馆 (悦賓飯館)

北京ダックみたいに甜麺醤をつけて「餅」で巻いて食べます。
これがまた美味しい。餅だけでも美味しいんですが、巻くと更に美味しいです。

悦宾饭馆 (悦賓飯館)
蒜泥肘子

更に上を行く絶品はこちら。
豚モモ肉(骨付き)のニンニク醤油ダレでいいのかな?いやー絶品。
ただし、かなりの量で、骨というより大腿骨入りなのですが
骨も立派ですが周囲の肉の量が凄くて・・・
劉さんの提案によりまずはお持ち帰り用パックをもらって、お土産用に取り分けることに。
(劉さんはご家族に、私は夜中のビールのおつまみ)
半分以上、取り分けてからいざいただきました。

豚肉も美味しいのですが皮も美味しい。
アイスバイン中華版って感じですね。私としてはアイスバインより好きです。

あまりに美味しくて、仕事で一緒に北京入り出来なかった夫に申し訳ないような
こんなに美味しいものだから一緒に食べたかったなーなんて思いながら食べていました。
あ、だから劉さんもお土産にしたんですかね?
大事な人に食べさせたくなる位に美味しかったです。

– another entry –
2012.02.27 蒜泥肘子
2012.04.24 糖醋里脊
2013.04.05 干炸里脊と疙瘩汤

コメントを残す