清蒸冷水鱼

清蒸冷水鱼

早めに九寨溝からホテルへ引き上げて、しばらく休憩。
黄龍、九寨溝と回って、標高が高くて酸素が薄い中を恐ろしいほどに歩いたせいか
全員疲労困憊状態でした・・・(^^;
確か黄龍だけでも軽く2万歩以上は歩いていたと思います。
中国の観光地ってスケールが大きいので
北京とかでもそうですが、本当に歩きます・・・

夕食はどこにしようかと、一応、周囲の食堂やレストランを物色するも
明らかに観光客向けというお店が多く
四川料理も多いのですが、ここまで来て四川料理もどうかと思うので
(大抵、都市部から離れれば離れるほど味が濃くて辛くなるだけ)
前日に行った阿里巴巴藏餐烧烤にもう一度いくことに。

基本的に鍋料理がメインなのですが
一応、前の日に頼んだ火鍋とは具材や味付けが少し違います。
この日のは辛さが全くない優しい系。

清蒸冷水鱼

その他にもこの地域らしいものをオーダーしてみようと頼んだのが、この魚料理。
清蒸冷水鱼という名前の料理です。
清蒸は調理方法の名前で、魚の名前は冷水鱼。
この九寨溝あたりでは有名な魚で、水温が低い場所にしか生息しない魚だそうです。

ちょっとお高めの魚でしたが、臭みもなく上品な味。
川魚にありがちな骨も少なく、かなり美味しい魚でした。
かなり大きいのですが三人でしっかり完食。
これは美味しいですね〜

しかし、後から思うとチベット料理なのに、このあたりは魚も食べるんですね。
チベット自治区では魚は絶対に食べません。
水葬とかするので、魚は食べるものではないらしいです。
同じチベット族と言えども、やっぱり文化はかなり違うのですね。
(このあたりでは水葬はしないのだと思います。比較的近くには鳥葬をするところがあります。)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

鈴茶堂 SUZUCHADO

suzuchado
高級・希少茶のWebショップを運営しています。
suzuchado.com