timor's log

Information

This article was written on 12 10月 2013, and is filled under China, Travel, 福建2013.

龙川大峡谷(龍川大峡谷)

龙川大峡谷

お昼ごはんを食べてもまだ午後の早い時間。
いくら桐木が遠いといっても、武夷山を離れる列車は夜の出発なので
いくらなんでも時間が余り過ぎです。(笑
工場に戻って時間まで審評とかがいいかな?と思っていたのですが
こちらのみなさんの「観光地があるから!見ていかないと!」という声に押され
こちらの龙川大峡谷(龍川大峡谷)に来ることに。(^^;

桐木へ行き帰りに通る龙凤谷景区(龍鳳谷景区)の中にあります。
大きな見事な滝と渓流に沿って山を登る感じになっています。
最終日まで山登りするとは・・・orz

龙川大峡谷(龍川大峡谷)

龙川大峡谷はいくつもの滝が集合しているような感じで
麓から上まで見事なものから小さなものまであります。
1時間もあれば十分に見学可能です。(ずっと登りですけど;)
基本的に渓流沿いの遊歩道を歩くので足元は常に濡れている岩場で
滑らないように注意する必要があります。

確かにお勧めされた理由が分かるという程に綺麗な水と空気
見事な景色と楽しめました。(^^

龙川大峡谷(龍川大峡谷)

途中途中に出てくる大きな滝も実に見事です。
自然を堪能しながら、ゼーハーしながら登っていきます。(笑

最後の方はあまりに険しいからか滝から離れて
眺望のきかない山の中をずっと登っていきます。
上りきったあとは大きな滝の上になりますが
滝が大きすぎて下がみえず・・・(^^;

一番上には売店と下り用の車の乗り場があります。
もちろん歩いて降りることもできますが
連日の山登りで疲れきっていたため車を選択。(有料)
売店で買った緑豆アイスを食べながら、麓から車が登ってくるのを待ちます。

龙川大峡谷

下りの車から眺めた景色です。
一番上の滝しか見えませんが(大きすぎて下の方は見えません・・・)
それでもかなりの大きさであるのが分かります。
凄いですね。

車で下山する場合、行きとは違う場所で降ろされることになります。
入場口とは歩いて数分の場所ですが、案内板などがちゃんとしていないので
(ローカルな観光地なので整備されていない;)
一体ここはどこ?となりました。(笑

コメントを残す